スポンサーサイト

--------

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

セカンドライン

2009-04-25

セカンドライン
[坂井朱生/挿絵:桜川園子]

セカンドライン (幻冬舎ルチル文庫)セカンドライン (幻冬舎ルチル文庫)
(2007/09/14)
坂井朱生 / 桜川園子

Amazon.co.jpで商品詳細を見る

架田未波は期待と不安に揺れていた。ずっと淡い恋心を抱き続けている相手、日比野亨がアメリカから帰ってくる―しかも一緒に暮らすことになったからだ。五年前中学生のとき、両親をなくした未波は、初対面の日比野を後見人として指名した。その突飛な希望はなぜか受け入れられ、以来、保護者と被保護者という関係だったのだが…。


古本検索
セカンドライン // イーブックオフ

セカンドライン // @古本市場
icon

Review

保護者(後見人)×被保護者のお話です。
両親の死後、自分の後見人となってくれた亨に、密かな思いを寄せている未波。
未波は寮生活、亨は海外生活と、離れて暮らしていた二人ですが、未波の高校卒業と、亨の帰国をきっかけに、同居生活をスタートさせることになって―。

主人公・未波の一途さというか健気さに泣けました。
亨の前では、彼の望む無邪気で可愛いままの子供でいようと努力し、それだけではなく、さりげない気遣いすら見せます。
一方亨も、子供だとばかり思っていた未波が、すっかり大人になっていたことに気付き、その存在に、癒されている自分を自覚し、意識するようになっていきます。

事故で両親を失った未波と、海外の事件で恋人を失った亨。
お互いに必要とし、必要とされることが、生きる糧になっているような部分のある歪な二人ですが、相手を大切に思うあまりに、臆病になる姿には、共感できる部分もあり、胸を打たれました。

それにしても、無事に気持ちが通じ合った後の、亨の激甘エロっぷりには、笑ってしまいました。
もともと、「ウチの子は可愛い!」と、親バカに近い感情を持っていた人だとは思いますが、溺愛っぷりに拍車がかかっています。

脇キャラとして登場した、後見人代理(亨の友人)である和彦も、未波に、冷静で的確なアドバイスをくれる良い兄貴分って感じで、良い味出してます。
個人的に、お気に入りのキャラです。

テーマ : BL小説
ジャンル : 小説・文学

tag : ボーイズラブ 坂井朱生 桜川園子

トラックバック

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Coo

Author:Coo
少女コミックからBLコミック・小説、ハーレクインコミック・小説まで無節操に読んでます。レビューは、ちょくちょくネタバレしていますので、ご注意ください。

最新記事
カテゴリ
検索フォーム
Link
Amazon
楽天ブックス
楽天ブックスで探す
楽天ブックス
楽天市場
フルイチオンライン
フルイチオンライン
ブックオフオンライン
ブックオフオンライン
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
月別アーカイブ
新刊.net
人気記事ランキング

ブログパーツ
にほんブログ村
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。