スポンサーサイト

--------

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

甘い融点

2009-06-22

甘い融点
[崎谷はるひ/挿絵:志水ゆき]

甘い融点 (幻冬舎ルチル文庫)甘い融点 (幻冬舎ルチル文庫)
(2008/09/16)
崎谷 はるひ

Amazon.co.jpで商品詳細を見る

風俗チェーンの社長橋爪恭司が助けたのは、ヤバい客に殴られていた遠矢陸だった。カレシに言われ売りをやろうとしていたわりには無知な陸に、恭司はそのやり方を教えることに。恭司だけに「仕事」をする契約を結んだ陸は恭司に惹かれはじめる。一方恭司も、陸をかわいいと思い放っておけず…!? 商業誌未収録作を収録した待望の文庫化。


古本検索
甘い融点 // イーブックオフ

甘い融点 // ブックオフオンライン
icon
Review

陸くんの不幸な境遇がなかなか痛くて切ないお話です。正直なところ、序盤は、どんより重たい気分になりました…。風俗とか暴力とか、苦手な人には、結構キツイかも。

不幸の中の最良を自分なりに必死に掴もうとしている陸くんの姿が、なんとも痛々しいです。
適切な比較対象のサンプルが周りにいないから、自分の境遇が特別悪いということにも気付いていない。そういう部分がとても悲しいと思いました。
おバカでも、素直でいい子なんですけどね。

一方恭司さんは、最初の出会いから、陸のことを気にかけながらも、「自分にできるのはここまで。」と、一線引いて陸に接します。
最後まで面倒を見る覚悟を持った人間でなければ、踏み込んではいけないラインというものを明確に持っている大人の男です。

そんな二人が、紆余曲折の末、なんとか心を通わせたシーンには、ホントに良かったな~と、ほっとしました。
物語のラストで、恭司さんが、懐に囲い込むだけではなく、陸が一人でも生きられるように、対等な立場で一緒に生きていきたいと考えているのだと、書かれていましたが、ちょっとジーンとしちゃいましたね。恭司さん、懐の深い、イイ男だなぁ…。

そして、なんといっても、志水先生の描かれた挿絵がいいのですよ~っ!
陸は可愛いし、恭司さんもカッコいいのです(うっとり)

テーマ : BL小説
ジャンル : 小説・文学

tag : ボーイズラブ 崎谷はるひ 志水ゆき

トラックバック

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Coo

Author:Coo
少女コミックからBLコミック・小説、ハーレクインコミック・小説まで無節操に読んでます。レビューは、ちょくちょくネタバレしていますので、ご注意ください。

最新記事
カテゴリ
検索フォーム
Link
Amazon
楽天ブックス
楽天ブックスで探す
楽天ブックス
楽天市場
フルイチオンライン
フルイチオンライン
ブックオフオンライン
ブックオフオンライン
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
月別アーカイブ
新刊.net
人気記事ランキング

ブログパーツ
にほんブログ村
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。