スポンサーサイト

--------

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ギャルソンの躾け方

2009-09-30

ギャルソンの躾け方
[榎田尤利/挿絵:宮本佳野]

ギャルソンの躾け方 (キャラ文庫)ギャルソンの躾け方 (キャラ文庫)
(2006/08/26)
榎田 尤利

Amazon.co.jpで商品詳細を見る

大財閥グループの御曹司・篠宮は、自慢のカフェの経営を楽しんでいる。そんな彼に共同経営を持ちかけられた水樹。小さな珈琲店店主の水樹は、ネルドリップの天才で勝ち気。余裕のある紳士然とした篠宮が気に入らず猛反発!そんな水樹を篠宮は「君には躾が必要ですね」と柔らかだが、否とは言えない口調で追いつめてきて!?お仕置きは愛の証。センシティブLOVE。


古本検索
ギャルソンの躾け方 // ブックオフオンライン
icon
ギャルソンの躾け方 // @古本市場
icon

Review

大財閥の御曹司でありながら、その地位をあっさり捨て、子供の頃からの夢だったカフェ経営を始めた篠宮(見た目は紳士だが、実はSっ気たっぷり)と、父が病に倒れたことにより、小さな珈琲店を引き継いだネルドリップの天才、水樹(勝ち気な美人猫)のお話です。

文章も巧く、読みやすい作品でしたが、水樹の家庭の事情にスポットが当たりすぎていて(これはこれで読ませるエピソードなのですが…)、恋愛要素部分の描写が、物足りなかったように感じました。
篠宮は、最初から水樹を気に入っていたので、良しとしても、水樹の気持ちの変化は、唐突だった気がするんですよね。水樹のキャラが魅力的だっただけに、その辺がちょっと残念かなと…。

それにしても、EPILOGUEで、篠宮の「ふたつめの夢=パートナーを見つけること」が、語られていますが、彼のストライクゾーンの狭さに、唖然。
ホントに、水樹がストライクゾーンど真ん中だったんだねぇ~と思わず笑ってしまいました。

同時収録作品の「ギャルソンの騙し方」は、篠宮の家庭の事情も絡めて、その後の二人のお話。
篠宮がアイスを指ですくって、水樹に食べさせるシーンがエロすぎる…っ。このシーンが、何よりも強烈に印象に残ってしまった…。

作中に出てくるカフェメニューやコーヒーは美味しそうです。カフェ巡りに出かけたくなってしまった…。

テーマ : BL小説
ジャンル : 小説・文学

tag : ボーイズラブ 榎田尤利 宮本佳野

トラックバック

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Coo

Author:Coo
少女コミックからBLコミック・小説、ハーレクインコミック・小説まで無節操に読んでます。レビューは、ちょくちょくネタバレしていますので、ご注意ください。

最新記事
カテゴリ
検索フォーム
Link
Amazon
楽天ブックス
楽天ブックスで探す
楽天ブックス
楽天市場
フルイチオンライン
フルイチオンライン
ブックオフオンライン
ブックオフオンライン
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
月別アーカイブ
新刊.net
人気記事ランキング

ブログパーツ
にほんブログ村
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。