スポンサーサイト

--------

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

マッケンジーの娘

2013-02-23

マッケンジーの娘 (Kindle版)
[著]日高七緒 [原作]リンダ ・ハワード

マッケンジーの娘 (ハーレクインコミックス)マッケンジーの娘 (ハーレクインコミックス)
(2012/08/01)
日高 七緒、リンダ ・ハワード 他

商品詳細を見る(Kindle版)

名家マッケンジー家の令嬢ながら、厩舎で働くメアリスの理想の男性は、名馬ソール・プレジャー。「ひき締まった体も、意思の強そうな黒い瞳も…彼以上に素敵な男性なんているはずないわ!」と。そんな彼女がある日、ソール・プレジャーの殺害計画を偶然耳にし、犯人に殴られて気を失ってしまう。次に目覚めると、彼女は見知らぬ裸の男性――まるでソール・プレジャーがそのまま人間になったようなゴージャスな彼――とベッドのなかにいた!


 
 
Review

マッケンジー一家シリーズ、末娘メアリスのお話。
このシリーズの他の作品は全て小説版で読んでますが、こちらのお話に関してはコミック版のほうが手に入れるのが楽だったので、Kindleで購入して読みました。
小説版のほうも、『シーズン・オブ・ラブ―恋人たちのクリスマス』という短編集に収録されていて短いお話のようですが、やっぱりコミック版だと物足りなく感じてしまったかなぁ。

ヒロインのメアリスは、さすがマッケンジー家の娘といった感じで、調教師として成功していました。
ある日、大切に調教してきた競走馬(引退済)が殺されてしまうという話を立ち聞きし、それをきっかけに、FBIのマクニールという男性が調査していた、馬の殺害による保険金詐欺の捜査に協力することになります。

メアリスが、マクニールを、父や兄たちと重ねて見るシーンは、まぁ、あの一家で育ったら、ファザコン、ブラコンにもなるよねーと、にやにやしてしまいました。それにしても、彼の素性を知ってすぐに、「私との結婚を考えてみたほうがいいわよ。」という大胆発言には、びっくりでした!

それにしても、少しも怯えることなく、愛馬を守る為に、犯罪組織に立ち向かおうとするメアリスが凛々しかった~。マクニールも、さすがFBIの捜査官だけあって、頼りがいがあって素敵でした。
あっという間に恋に落ちた二人は、運命の相手だったんだろうなーと思います。

事件が解決して、二人が結婚する時に、マクニールがメアリスにプレゼントする贈り物が素晴らしいところも良かったです。


シリーズ関連作品 (※全て小説)
マッケンジーの山 [ リンダ・ハワード ]
熱い闇 [ リンダ・ハワード ]
愛は命がけ [ リンダ・ハワード ]
危険な駆け引き [ リンダ・ハワード ]

 

テーマ : ハーレクインコミック
ジャンル : アニメ・コミック

tag : リンダ・ハワード ハーレクインロマンス 電子書籍 Kindle

トラックバック

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Coo

Author:Coo
少女コミックからBLコミック・小説、ハーレクインコミック・小説まで無節操に読んでます。レビューは、ちょくちょくネタバレしていますので、ご注意ください。

最新記事
カテゴリ
検索フォーム
Link
Amazon
楽天ブックス
楽天ブックスで探す
楽天ブックス
楽天市場
フルイチオンライン
フルイチオンライン
ブックオフオンライン
ブックオフオンライン
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
月別アーカイブ
新刊.net
人気記事ランキング

ブログパーツ
にほんブログ村
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。