スポンサーサイト

--------

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ハイランドで眠る夜は

2013-01-23

ハイランドで眠る夜は
[著]リンゼイ・サンズ

ハイランドで眠る夜は (二見文庫 ザ・ミステリ・コレクション)ハイランドで眠る夜は (二見文庫 ザ・ミステリ・コレクション)
(2010/09/17)
リンゼイ・サンズ

Amazon.co.jpで商品詳細を見る

13世紀イングランド北部。両親を亡くしたイヴリンドは、意地悪な継母の仕打ちを受けながらも、天真爛漫に生きてきた。だがある日、“ドノカイの悪魔”のもとに嫁ぐよう告げられて―。それは父と妻を手にかけたと噂される、恐ろしいハイランド領主。悲しみのあまり遠乗りに出かけたイヴリンドは、そこで荒々しくも情熱的な眼差しをもつひとりの男と出会う。結婚前の最後の思い出に、熱いひとときをともにしたイヴリンドだが、その男の正体とは思いもよらぬ人物で…。波瀾の愛の行方を描くシリーズ第1弾。


新本検索
ハイランドで眠る夜は // 楽天ブックス

古本検索
ハイランドで眠る夜は // フルイチオンライン
ハイランドで眠る夜は // ネットオフ


 
Review

リンゼイ・サンズのハイランドシリーズ、1作目です。

関連作品
2作目 その城へ続く道で [ リンゼイ・サンズ ]

イヴリンドは、意地悪な継母の策略により、「ドノカイの悪魔」と呼ばれる男性のもとに嫁がなければならなくなります。悲しみにくれ、愛馬で遠乗りに出かけたヒロインは、偶然、彼女を迎えに来る途中だった彼と運命の出会いを果たします。

短い時間の中で、「ドノカイの悪魔」と呼ばれる男性は、噂で聞いたような残酷な男性では無いと判断したイヴリンドは、それを継母に悟られないような態度をとり、彼と結婚する人生を選びます。
彼もまた一瞬にして、彼女の継母の人間性を悟り、彼女を奪うように、自国へと連れ帰る決断を下します。

ヒーローのカリンは、頭も良く、気が利き、優しさも持ち合わせている素敵な男性で、ヒロインのために、様々なことをしてくれますが、寡黙すぎるために、せっかくの誠意が上手にイヴリンドに伝わりません。

それにしても、ヒロインの思い出の品や愛用品、洋服等を母国から運ばせただけでなく、彼女が恋しく思っていた侍女のミルドレッド、そして友人でもあった厩番のマックを、ドノカイに連れてきてくれた行動力と気遣いには、ときめいてしまいました。
でも、ヒロインは事前にその話を知らせていなかったので、しばらく落ち込んでいたんですよね…。

そんなこともあって、イヴリンドは、「行動だけではなく、言葉でも示して!」とカリンに注文をつけます。
無口な彼は、「行動で示せばいい。」と考えるタイプだった為、困ってしまい、親友の元へ相談に出かけます。こういうところは可愛いなぁ~と、ほのぼのしてしまいました。

その後、彼の父や前妻の事故死に疑問を抱いたヒロインが、偶然の事故に巻き込まれるようになり、カリンも、自分以外の誰かが父や前妻を殺し、今はイヴリンドの命を狙っているのではないかと、警戒するようになっていきます。

ヒーロー、ヒロイン共に魅力的であり、話のテンポも良くぐいぐい引き込まれました。お互いに惹かれあい、自然と愛し合うようになっていく二人の心理描写が良かったです。

ラストは、意外な人物が犯人であることが明らかになります。ロマンスはもちろん、サスペンス風味な部分も、両方面白く、読みごたえがありました。

ロマンス小説 シリーズ作品まとめ

 

テーマ : ロマンス小説感想
ジャンル : 小説・文学

tag : リンゼイ・サンズ ザ・ミステリ・コレクション

トラックバック

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Coo

Author:Coo
少女コミックからBLコミック・小説、ハーレクインコミック・小説まで無節操に読んでます。レビューは、ちょくちょくネタバレしていますので、ご注意ください。

最新記事
カテゴリ
検索フォーム
Link
Amazon
楽天ブックス
楽天ブックスで探す
楽天ブックス
楽天市場
フルイチオンライン
フルイチオンライン
ブックオフオンライン
ブックオフオンライン
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
月別アーカイブ
新刊.net
人気記事ランキング

ブログパーツ
にほんブログ村
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。