スポンサーサイト

--------

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

炎のコスタリカ

2013-01-25

炎のコスタリカ
[著]リンダ・ハワード

炎のコスタリカ (MIRA文庫)炎のコスタリカ (MIRA文庫)
(2008/03/15)
リンダ ハワード

Amazon.co.jpで商品詳細を見る

国家機密をめぐるスパイ事件に巻き込まれた富豪の娘ジェーンは、コスタリカの有力者トゥレゴによってジャングルの奥地に監禁されていた。トゥレゴお気に入りの女を演じて信頼を得たのも、すべて今夜の脱出計画のため。逃亡用の食糧も準備万端。一方、ジェーンの救出を依頼された元謀報員グラントは彼女の計画などいざ知らず、木陰から様子をうかがっていた。わざわざこんな密林を抜けてやってきたのに、問題の娘は楽しそうにはしゃいでいるではないか。灼熱のジャングルで激しい恋の火花が散る!
リンダ・ハワード不朽の名作。


古本検索
炎のコスタリカ // ブックオフオンラインで探すicon
炎のコスタリカ // ネットオフで探す

Review

国家機密をめぐるスパイ事件に巻き込まれたお嬢様のジェーンと、ジェーンの救出を依頼され、ジャングルに潜入した元諜報員グラントの逃亡劇です。
とにかく、ヒロインのジェーンの魅力にすっかりハマってしまいました。
型破りな発想力とそれを実行に移してしまえる行動力を兼ね備えた彼女の暴走っぷりはなかなか面白かったです。優秀で勇敢なヒーローが、チャーミングなヒロインに振り回され、手を焼いているところも楽しめました。

二人のサバイバルな逃亡生活も、見所の一つだと思います。ちゃんと逃げ切れますように!とドキドキしながら読み進めました。
ヒロインからヒーローに向けられる真っ直ぐな迷いの無い愛情表現にも、ぐいぐい気持ちがひきこまれていき、ハッピーエンドを願わずにはいられなくなった作品でした。

ちなみに、その後の2人が「ダイヤモンドの海」という作品の後半に登場します。
この2冊は、新本ではもう手に入りませんが、セットで揃えたいですね。
電子書籍化してくれないかな…。


関連作品
ダイヤモンドの海 (MIRA文庫)

 

テーマ : ハーレクイン小説感想
ジャンル : 小説・文学

tag : リンダ・ハワード ハーレクインロマンス

トラックバック

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Coo

Author:Coo
少女コミックからBLコミック・小説、ハーレクインコミック・小説まで無節操に読んでます。レビューは、ちょくちょくネタバレしていますので、ご注意ください。

最新記事
カテゴリ
検索フォーム
Link
Amazon
楽天ブックス
楽天ブックスで探す
楽天ブックス
楽天市場
フルイチオンライン
フルイチオンライン
ブックオフオンライン
ブックオフオンライン
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
月別アーカイブ
新刊.net
人気記事ランキング

ブログパーツ
にほんブログ村
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。