スポンサーサイト

--------

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

月明かりの恋人たち

2012-10-22

月明かりの恋人たち
[著]ノーラ・ロバーツ


月明かりの恋人たち (ハーレクイン文庫)月明かりの恋人たち (ハーレクイン文庫)
(2008/01/01)
ノーラ ロバーツ

商品詳細を見る

花咲き乱れる夕暮れの庭園で、蝶とたわむれる清楚な美女―絵本作家のブーンは、新たな隣人アナスターシャの姿に、自分の物語に登場する妖精のプリンセスを思い浮かべた。不思議なほど心引かれる…だが、今のぼくには恋など必要ない。アナスターシャのほうも、ブーンの視線がもたらす胸の高鳴りを、なんとか無視しようと努めていた。彼に知られてはいけない。わたしが妖精の血を引き、不思議な力をそなえていることを…。それぞれの理由で、慎重に距離をおいていた二人だったが、ある夜、月明かりに誘われて、激しいキスを交わしてしまう。


古本検索
月明かりの恋人たち // ブックオフオンラインで商品を探すicon
月明かりの恋人たち // フルイチオンラインで商品を探すicon

Review

妖精の血を引く魔女のアナスターシャと、隣人で絵本作家のブーン(妻とは死別、小さな娘さんと二人暮らし)の恋の物語です。
お互いに惹かれあうものを感じあいながらも、それぞれの理由で、慎重に距離を置いていた二人が、ある夜急接近してしまい…。

穏やかなストーリー展開で、主人公の二人も温和な性格なせいか、山場と言えば、アナスターシャが魔女だとバレてしまうシーンくらいでしょうか。
彼女には、過去の恋愛で抱えたトラウマがあり、今回その古傷がまたパックリと口を開くことになってしまい、悲しい気分になりました。
ヒーローは、ヒーローなりに、ありえない場面を目にしてしまったショックで、大パニックです。

序盤は、割と単調な話だなぁ…と感じながら読んでいましたが、心優しい2人が、それぞれに抱える色々なものを乗り越えて、幸せを掴み取れたことは、本当に良かったな~と感じました。

テーマ : ハーレクイン小説感想
ジャンル : 小説・文学

tag : ノーラ・ロバーツ ハーレクインロマンス

トラックバック

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Coo

Author:Coo
少女コミックからBLコミック・小説、ハーレクインコミック・小説まで無節操に読んでます。レビューは、ちょくちょくネタバレしていますので、ご注意ください。

最新記事
カテゴリ
検索フォーム
Link
Amazon
楽天ブックス
楽天ブックスで探す
楽天ブックス
楽天市場
フルイチオンライン
フルイチオンライン
ブックオフオンライン
ブックオフオンライン
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
月別アーカイブ
新刊.net
人気記事ランキング

ブログパーツ
にほんブログ村
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。