スポンサーサイト

--------

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

愛、ふたたび

2012-10-23

愛、ふたたび
[著]アン・メイザー

愛、ふたたび (ハーレクイン文庫)愛、ふたたび (ハーレクイン文庫)
(2009/02/01)
アン メイザー

商品詳細を見る

パーティで思いがけない人物を見かけ、アビーはひどく狼狽した。中東の国の王子ラシードが、いったいなぜここにいるのだろう。3年前、彼と運命的な出会いを果たし、アビーはすぐに結婚した。しかし幸せは束の間だった。周囲から彼に愛人がいると聞かされ、アビーは深く傷ついて宮殿を去ったのだった。二度と会いたくない。彼女はこっそりパーティを抜け出した。ところが外へ出たとたん、暗がりで行く手をさえぎった者がいる。アビーを射すくめる鋭い瞳。獲物を狙う砂漠の鷹のような…。ラシード。私を裏切っておいて、今更なんの用があるというの―。


古本検索
愛、ふたたび // ブックオフオンラインで探すicon
愛、ふたたび // ネットオフで探す

Review

王子様と別居中の奥様の復縁モノです。
相手を愛しているが故に冷静に話し合えない二人。言い争いのシーンが多くて、読んでいて疲れました。

王子様とはいえ、一人の人間ということで、弱い部分もあるのでしょうが、別れを受け入れようとしたり(本当は別れなくない)、やっぱり拒否してみたりと、言動がブレまくりなところにも、いまいち魅力を感じられなかったです。

そして、ヒロインのアビーは、ヒーローに対して大きな誤解をしていましたが、ヒーローがその誤解を正そうとしないところが、理解できませんでした。お互いに口にしたくない内容の話だったにしても、彼のお祖母さまから真実を聞かされるってどうなんでしょうね。
一族の恥は口にしないとか、どんなもっともらしい理由をつけたとしても、現在進行形で失望し苦しんでいる愛する妻にだけは、自分の口から真実を話すべきだったと思います。

最後のシーンは、幸せいっぱいですが、個人的には、読後感はイマイチだったかな。

テーマ : ハーレクイン小説感想
ジャンル : 小説・文学

tag : アン・メイザー ハーレクインロマンス

トラックバック

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Coo

Author:Coo
少女コミックからBLコミック・小説、ハーレクインコミック・小説まで無節操に読んでます。レビューは、ちょくちょくネタバレしていますので、ご注意ください。

最新記事
カテゴリ
検索フォーム
Link
Amazon
楽天ブックス
楽天ブックスで探す
楽天ブックス
楽天市場
フルイチオンライン
フルイチオンライン
ブックオフオンライン
ブックオフオンライン
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
月別アーカイブ
新刊.net
人気記事ランキング

ブログパーツ
にほんブログ村
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。