スポンサーサイト

--------

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

新妻を演じる夜

2012-12-05

新妻を演じる夜 (Kindle版)
[著]ペニー・ジョーダン

新妻を演じる夜: 1 (ハーレクイン・ロマンス)新妻を演じる夜: 1 (ハーレクイン・ロマンス)
(2011/01/20)
ペニー ジョーダン

商品詳細を見る(Kindle版)

インテリア・デザイナーのリジーのもとに一通の手紙が届いた。彼女が共同所有するアパートメントに問題が発生し、現地まで来てほしい、さもないと裁判沙汰にするという。差出人は、ギリシアの大富豪イリオス・マノス。リジーはなんとか旅費を工面し、ギリシアへ飛んだ。
会ったばかりのイリオスから詐欺師呼ばわりされたリジーは、そこで初めて、自分が共同所有者にだまされ、莫大な借金を背負わされたのだと気づいた。お金などまったくないと言う彼女にイリオスは憤然として言った。「では、その体で払ってもらおう。ぼくと結婚するんだ。」


Review

主人公のリジーは、両親を亡くし、妹2人と甥っ子の5人暮しの生活をしているインテリアデザイナー。不景気のあおりで仕事が激減して、苦しい生活を余儀なくされていました。
そんな時、ある事情で共同経営者になったアパートメントが建設された土地の所有者イリオスから、不法建築に関する損害賠償を求められます。
ヒロインは完全に被害者なのですが、無実を証明することも許されず、イリオスからは犯罪者扱いされ、最終的には彼の利益の為の契約結婚を承諾させられてしまいます。
その後も、ヒーローの生い立ちに関して、両親からの愛情に恵まれなかったという事実が明かされたり、結婚にも女性にも何の夢も幻想も抱いていないという彼の誰も信じられない性質が明らかになっていきます。すでに家族や愛情といった類のものに絶望しているヒーローが気の毒だとは思いましたが、性格が捻じ曲がりすぎてて、どうにも好きになれませんでした。この作品は、いわゆる鬼畜ヒーローものですね。

正直、ヒーローに恋してしまったヒロインの気持ちがいまいち理解できませんでした。社会的に地位があって財産もあるけれどそこは重要視していないようですし、男性として魅力的な外見は好意を抱くポイントにはなるものの、性格がとんでもなく悪いので台無し。愛情をろくに知らず育ったヒーローへ同情心を抱いたにしてもそれが愛情に繋がるとは思えない。なんだかヒロインがヒーローのどこに惹かれたのか、説得力が無いなぁ…という印象を受けてしまいました。
最後は、ヒロイン妊娠→逃げる→ヒーローが追うというありきたりの展開です。最後のヒーローの愛の告白シーンはそれなりに良かったかな。

テーマ : ハーレクイン小説感想
ジャンル : 小説・文学

tag : ペニー・ジョーダン ハーレクインロマンス 電子書籍 Kindle

トラックバック

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Coo

Author:Coo
少女コミックからBLコミック・小説、ハーレクインコミック・小説まで無節操に読んでます。レビューは、ちょくちょくネタバレしていますので、ご注意ください。

最新記事
カテゴリ
検索フォーム
Link
Amazon
楽天ブックス
楽天ブックスで探す
楽天ブックス
楽天市場
フルイチオンライン
フルイチオンライン
ブックオフオンライン
ブックオフオンライン
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
月別アーカイブ
新刊.net
人気記事ランキング

ブログパーツ
にほんブログ村
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。