スポンサーサイト

--------

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ジュリエットの街で

2012-12-07

ジュリエットの街で (Kindle版)
[著]キャスリン・ロス

ジュリエットの街で (ハーレクイン・ロマンス)ジュリエットの街で (ハーレクイン・ロマンス)
(2011/03/05)
キャスリン ロス

商品詳細を見る(Kindle版)

ヴィクトリアはシドニーでレストランを経営している。不況のうえ、レストランの建物の新たな家主に家賃を値上げされ、店は潰れるかどうかの瀬戸際に立たされていた。ある日、彼女のレストランにアントニオ・ガヴェッリが現れる。レストランの隣に開業するホテルの所有者にして、何かと世間を騒がせている億万長者だ。ヴィクトリアは藁にもすがる思いで、ホテルとレストランとの提携計画を熱心に説明した。すると彼は唇に笑みを浮かべ、耳を疑うようなことを言った――いま、僕には妻が必要なんだ、と。


 
Review

偽装結婚+シンデレラストーリー。
経営しているレストランが、新たな家主、アントニオから提示された家賃の値上げ(事実上の買収交渉)によって、店が潰れるかどうかの瀬戸際に立たされてしまったヒロイン、ヴィクトリア。
なかなか立ち退きに応じないヴィクトリアがシングルマザーであることを知ったアントニオは、彼が抱える問題の解決に彼女を利用できると目をつけて、破格の条件で短期間の偽装結婚を提案します。ヴィクトリアは従業員や息子の生活を守るために条件をのむことに…。

冴えない女性だと思っていたヒロインが、実はとびっきりの美人でスタイルも抜群だとわかってヒーローはクラクラ。
息子の洋服にはお金をかけているのに、自分は眼鏡に野暮ったいスーツ姿を通しているヒロインの子供優先の姿勢にも、心惹かれていきます。
ヒロインは、気性の荒いところもありますが、優しい女性で、契約結婚とはまったく関係のないアントニオと父の壊れかけた親子関係の修復にも、心を砕くような素晴らしい女性でした。

そして、一緒に暮らすうちに、ヴィクトリアだけでなくその息子のネイサンにも徐々に、愛情を持ち始めるアントニオ。もちろんネイサンも幼いながら、アントニオに信頼を寄せるようになっていきます。

アントニオが、それほど非情な人では無かったので、テーマ(ほぼ強制的に結婚)の割にピリピリした雰囲気の話にならずに済んだと思います。
ラストシーンでは、ヒロインに対して真摯に愛情を伝えることが出来ていたのが良かった。

テーマ : ハーレクイン小説感想
ジャンル : 小説・文学

tag : キャスリン・ロス ハーレクインロマンス 電子書籍 Kindle

トラックバック

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Coo

Author:Coo
少女コミックからBLコミック・小説、ハーレクインコミック・小説まで無節操に読んでます。レビューは、ちょくちょくネタバレしていますので、ご注意ください。

最新記事
カテゴリ
検索フォーム
Link
Amazon
楽天ブックス
楽天ブックスで探す
楽天ブックス
楽天市場
フルイチオンライン
フルイチオンライン
ブックオフオンライン
ブックオフオンライン
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
月別アーカイブ
新刊.net
人気記事ランキング

ブログパーツ
にほんブログ村
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。