スポンサーサイト

--------

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

いつもふたりきりで

2013-02-27

いつもふたりきりで
[著]リンゼイ・サンズ

いつもふたりきりで (二見文庫 ザ・ミステリ・コレクション)いつもふたりきりで (二見文庫 ザ・ミステリ・コレクション)
(2009/01/20)
リンゼイ・サンズ

Amazon.co.jpで商品詳細を見る

愛らしい貴族の娘クラリッサは、極度の近視でありながら、めげることなく幸せな人生を送っていた。だが意地悪な継母に眼鏡を禁じられて以来、社交界デビューを果たしたものの相手の顔すら判別できずに失敗ばかり。求婚者たちはつぎつぎと去っていくが、ある日ひとりの男性が彼女にダンスを申し込む。かつて天使と評された顔に、戦争で醜い傷を負った伯爵エイドリアン。やがてふたりは継母の目を盗んで逢引を重ねるようになるが…。ユーモラスで心温まる傑作ラブロマンス。


古本検索
いつもふたりきりで // ブックオフオンラインで探すicon
いつもふたりきりで // ネットオフで探す
 
Review

極度の近視なのに『眼鏡をかけたら不細工だから。』という理不尽な理由で、継母から眼鏡を禁じられているヒロイン、クラリッサと、美しかった顔に戦争で醜い傷を残してしまったヒーロー、エイドリアンの恋の物語です。

最初は、「自分の醜い傷は彼女には見えないだろう。」というちょっとした興味で、彼女に近づいたエイドリアンですが、彼女のユーモアのセンスや、天性の明るさと優しさに、あっという間に心惹かれます。
一方、クラリッサは誰とダンスを踊っても、足を踏んでしまったりと失敗続きだったのに、エイドリアンの優しいリードで、ダンスを楽しめたことに感激し、彼に好意を抱きます。

醜い傷跡のせいで女性には愛されないと思い込み、心にも深い傷跡を抱えていたエイドリアンですが、クラリッサと過ごす楽しい時間の中で、しばらく忘れていた本物の笑顔を取り戻し、親しい人達から見たら、バレバレなくらい彼女を愛しく思うようになっていきます。
継母がエイドリアンを良く思っていなかった為、二人はこっそりと会うようになりますが、お互いにどんどん惹かれあっていき、ベタ甘カップルなところに、ときめきました。

物語の後半部分では、ヒロインの命を狙う何者かが存在するのでは?という疑惑が浮上します。
ヒロインが、闇雲に怯えることなく、誰に狙われているのかを冷静に考えようとする姿に、凛々しさを感じました。
純粋で無垢なヒロインを、愛し守ろうとするヒーローも、かっこよかったです。

そして、ヒロインに心の傷を癒されるのが、ヒーローだけでは無いところも、この物語の魅力の一つだったように思います。
ヒロインが語った実のお母様の言葉は重みがあり、そんなお母様に育てられたからこそ、ヒロインは優しく聡明な女性に育ったのだな…と、思わず納得してしまいました。

ユーモアあり、ラブあり、サスペンスありで、なかなか内容の濃い一冊です。

テーマ : ロマンス小説感想
ジャンル : 小説・文学

tag : リンゼイ・サンズ ザ・ミステリ・コレクション

トラックバック

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Coo

Author:Coo
少女コミックからBLコミック・小説、ハーレクインコミック・小説まで無節操に読んでます。レビューは、ちょくちょくネタバレしていますので、ご注意ください。

最新記事
カテゴリ
検索フォーム
Link
Amazon
楽天ブックス
楽天ブックスで探す
楽天ブックス
楽天市場
フルイチオンライン
フルイチオンライン
ブックオフオンライン
ブックオフオンライン
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
月別アーカイブ
新刊.net
人気記事ランキング

ブログパーツ
にほんブログ村
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。