スポンサーサイト

--------

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

時を超えた恋人

2012-10-24

時を超えた恋人
[著]メリッサ・メイヒュー

時を超えた恋人 (マグノリアロマンス)時を超えた恋人 (マグノリアロマンス)
(2010/02/09)
メリッサ・メイヒュー

商品詳細を見る

婚約者の浮気現場を目撃したケイトは、このまま彼と結婚するべきかを悩む。そもそも、彼を本当に愛しているのだろうか。やはり結婚は取りやめよう…そう思い始めた矢先、不思議なことが起こった。エメラルドグリーンの光とともに、スコットランドの勇者の出で立ちをした男が現れたのだ。妹を救う手助けをしてくれる女性を求め、妖精の魔法の力を借りてここまで来たというその男から、十三世紀のスコットランドに来て、自分と結婚してほしいと頼まれる。きっと幻覚症状かなにかだと思ったケイトは了承してしまうが、次に目覚めたとき、それが現実だとわかって―。


古本検索
時を超えた恋人 // ブックオフオンラインで探すicon
時を超えた恋人 // フルイチオンラインで探すicon

Review

婚約者の浮気現場を目撃してしまったケイトは、「体を許さない君のせいだ。」と逆に責められて、婚約解消や彼を本当に愛しているのか…という点について自問自答していました。
そんな時、部屋に突然エメラルドグリーンの光に包まれた男性が現れて…。妖精の力が引き起こしたタイムスリップラブロマンスです。

最初の印象では、婚約者の言いなりで、自分の意思を持っていないように見えるヒロインですが、タイムスリップという日常ではありえない体験をしたせいか、どんどんたくましくなっていきます。というより、女性を支配下に置きたいタイプの婚約者と離れたおかげで、本来の姿に戻れたのかもしれません。

ヒーローのコナーが誇り高き男性で、好感が持てます。
過去に、女性に失望する出来事が重なり、叔母と妹以外は信頼に値しないと、頑なに決めている様子で、ヒロインに対する(惹かれないようにする)ガードもかたかったのですが、彼女を守る為には傍にいることが最善策ということもあり、二人の間に芽生えた感情に抗えなくなっていきます。

話の中盤は若干中だるみしているように感じたのですが、後半のたたみ掛けるような展開は、「この人って悪い人だったんだ!」と驚いたり、「その設定反則じゃないの?」と思ったり、意外な展開が続いて、なかなか楽しめました。
いつも読むロマンス小説とはちょっと違った雰囲気で、これはこれで面白かったなーという印象です。

テーマ : ロマンス小説感想
ジャンル : 小説・文学

tag : メリッサ・メイヒュー マグノリアロマンス

トラックバック

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Coo

Author:Coo
少女コミックからBLコミック・小説、ハーレクインコミック・小説まで無節操に読んでます。レビューは、ちょくちょくネタバレしていますので、ご注意ください。

最新記事
カテゴリ
検索フォーム
Link
Amazon
楽天ブックス
楽天ブックスで探す
楽天ブックス
楽天市場
フルイチオンライン
フルイチオンライン
ブックオフオンライン
ブックオフオンライン
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
月別アーカイブ
新刊.net
人気記事ランキング

ブログパーツ
にほんブログ村
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。