スポンサーサイト

--------

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ビブリア古書堂の事件手帖 第2巻

2013-01-31

ビブリア古書堂の事件手帖 2 栞子さんと謎めく日常
[著]三上延

ビブリア古書堂の事件手帖 2 栞子さんと謎めく日常 (メディアワークス文庫)ビブリア古書堂の事件手帖 2 栞子さんと謎めく日常 (メディアワークス文庫)
(2011/10/25)
三上 延

Amazon.co.jpで商品詳細を見る

鎌倉の片隅にひっそりと佇むビブリア古書堂。その美しい女店主が帰ってきた。だが、入院以前とは勝手が違うよう。店内で古書と悪戦苦闘する無骨な青年の存在に、戸惑いつつもひそかに目を細めるのだった。変わらないことも一つある―それは持ち主の秘密を抱えて持ち込まれる本。まるで吸い寄せられるかのように舞い込んでくる古書には、人の秘密、そして想いがこもっている。青年とともに彼女はそれをあるときは鋭く、あるときは優しく紐解いていき―。


古本検索
ビブリア古書堂の事件手帖 (2) // ブックオフオンラインicon
ビブリア古書堂の事件手帖 (2) // ネットオフ

Review

1巻目が面白かったので、2巻目も続けて読んでみました。
2巻目は正直なところ、1巻目の勢いが無くなって、若干落ち着いてしまったように感じました。単純に1巻に収録されていた作品のほうが、インパクトがあったり、心温まるエピソードが入っていて、自分の好みだっただけかもしれないなぁ…と思います。

そんな中で、良い話しだなぁ…と感じたのは、大輔の同級生のお父さんが残した古書の話です。いろいろな心情、事情があって、厳しくしていたとしても末娘に対して、確かな愛情があったということが本人に伝わったのは、良かったなぁと感じました。
文章自体は読みやすく、流れるようにさくさくっと読み切ってしまいました。
2巻が面白くなかったとは、決して思っていないので、3巻で出会える新しいエピソードに期待したいと思います。

テーマ : 読書感想文
ジャンル : 小説・文学

tag : 三上延 ライトノベル メディアワークス文庫

トラックバック

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Coo

Author:Coo
少女コミックからBLコミック・小説、ハーレクインコミック・小説まで無節操に読んでます。レビューは、ちょくちょくネタバレしていますので、ご注意ください。

最新記事
カテゴリ
検索フォーム
Link
Amazon
楽天ブックス
楽天ブックスで探す
楽天ブックス
楽天市場
フルイチオンライン
フルイチオンライン
ブックオフオンライン
ブックオフオンライン
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
月別アーカイブ
新刊.net
人気記事ランキング

ブログパーツ
にほんブログ村
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。