スポンサーサイト

--------

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

略奪結婚

2013-05-10

略奪結婚
[著]リー・ウィルキンソン

略奪結婚 (ハーレクイン・ロマンス)略奪結婚 (ハーレクイン・ロマンス)
(2000/04)
リー ウィルキンソン

Amazon.co.jpで商品詳細を見る

カサンドラは胸騒ぎがしてならなかった。社長のラングに呼びつけられて、フィアンセのアランとともにアメリカまでやってきたが、なぜか不安が胸を去らない。着いた翌日には、昇進をほのめかすラングの指図に従い、アランは嬉々として出張に行ってしまった。その上、せっかくだから観光してはというラングの提案で、ラスベガスへ行くことになった。二人きりで…。向こうでアランと落ち合うというけれど、それまでのほんの二日がなぜこんなに不安なのかしら。何かを胸に秘めているようなラングにおびえながらも、カサンドラは正面から事態に立ち向かおうと決意した。一週間たてば、晴れてアランと幸せになれるのだから。


古本検索
略奪結婚 // フルイチオンラインicon
略奪結婚 // ネットショップ駿河屋

Review

タイトル通り、上司(社長)のラングが部下の婚約者カサンドラを略奪してしまうというお話です。
最後の最後で、ようやくヒーローがどうして、部下からヒロインを奪ったのか…、その真実が明かされますが、なんだか読後感としては微妙だなーという印象を受けました。ヒロインに対しても「え、ヒーローのこと、そんなに簡単に許しちゃうの?」と、ちょっと拍子抜けです。

それにしても、ヒロインは、男運が悪い!
過去のストーカー男といい、妻をビジネスパートナー兼お飾りとして扱おうとしている婚約者といい、ろくでもない男にばかり言い寄られてますね。

ラングが、婚約者との間を引き裂いてくれたのは、彼女が婚約者の真実の姿に気付くという意味では、良かったのかも。まぁ、ラングも前妻のせいで、思考回路がかなり捻じ曲がっていたりするのですが…。

それまで直接会ったことが無かった2人なのに、ラングが部下からカサンドラを奪って結婚した本当の理由ってなんだろう…という謎の部分を、最後の最後まで引っ張ってくれたせいで、最後まで一気読みしてしまいました。

 

テーマ : ハーレクイン小説感想
ジャンル : 小説・文学

tag : リー・ウィルキンソン ハーレクインロマンス

トラックバック

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Coo

Author:Coo
少女コミックからBLコミック・小説、ハーレクインコミック・小説まで無節操に読んでます。レビューは、ちょくちょくネタバレしていますので、ご注意ください。

最新記事
カテゴリ
検索フォーム
Link
Amazon
楽天ブックス
楽天ブックスで探す
楽天ブックス
楽天市場
フルイチオンライン
フルイチオンライン
ブックオフオンライン
ブックオフオンライン
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
月別アーカイブ
新刊.net
人気記事ランキング

ブログパーツ
にほんブログ村
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。