スポンサーサイト

--------

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

気高き騎士のベッドで

2013-02-28

気高き騎士のベッドで
[著]メアリー・ワイン

気高き騎士のベッドで (扶桑社ロマンス)気高き騎士のベッドで (扶桑社ロマンス)
(2013/02/01)
メアリー・ワイン

Amazon.co.jpで商品詳細を見る

キアー・マクウェイドはスコットランド人領主の三男でありながら、跡を継ぐことになった。強欲な父やふたりの兄が相次いで命を落としたからだ。彼は国王に忠誠を誓い、そして花嫁を見つけるために、急いでロンドンへ旅立つ…。
イングランド人伯爵令嬢ヘレナ・ニヴェットは憧れの宮廷で拝謁を賜るが、そこは彼女が夢みていた場ではなく、以来、緊張の日々を送っていた。そんなある日、彼女は逞しいスコットランド人男性と出会いひと目で惹かれるが…。


新本検索
気高き騎士のベッドで // 楽天ブックスで探す

 
Review

メアリー・ワインの気高き花嫁たちシリーズ、3作目です。
正直なところ、2作目の『猛き戦士のベッドで』が好きすぎたので、この作品に満足できるかどうか不安に思いながら、購入しましたが、こちらの作品も面白くて、思わず一気読みしてしまいました。

今回のヒーローは、マクウェイド家の三男キアー。ブロンウィンのお兄様の中で、ただ一人、信頼できる騎士だった人物です。前作では、妹思いの優しくて知的な男性という印象だったのですが、この作品では、正義感に溢れた勇敢な騎士であるという一面を見せてくれました。

まずは、冒頭で何気にショックを受けました。お兄様、愛人がいらっしゃったのですか…!
マクジェームス家の兄弟は、結婚前も特定の女性がいなかったようなので、キアーもそうだとばかり思っていましたよ…。
まぁ、その女性と結婚しようと思っていたという点ではショックも薄れましたが、相手の女性は聡明で、優しいだけで自分を愛していない男性とは結婚できないし、領主となったキアーは自分にとってふさわしい貴族のお嬢様を妻に娶るべきだと彼を諭して去っていきます。彼女の潔さには惚れ惚れしてしまいました。

その後、父親達が散々汚してきた一族の誇りを取り戻す為、キアーは国王に忠誠を誓うことを決意し、家臣と共にロンドンの宮廷へと旅立ちます。
そして、宮廷で、ヒロインのヘレナと出会い、あっという間に情熱的な恋に落ちてしまいます。

ヒロインのヘレナは陰謀渦巻く宮廷の生活や、計算高い兄ニヴェットの支配に、うんざりしていました。
宮廷でようやくできた心を許せる友人レイラインを兄が襲った時、彼女は正義を貫くために、兄ではなく友人を庇います。そのことが原因でニヴェットから、ひどい仕打ちを受けることになりますが、キアーがその状況からヒロインを救いだしてくれます。

どんな時でも、キアーがニヴェットよりも、一枚上手なところが素敵でしたー♪
そして、ヘレナは無事にキアーと結婚し、結ばれますが、思いもよらない事件が待ち受けていて…。
ヘレナがキアーへの愛を自覚し彼を信じるようになってから、どんな逆境の中でも彼とは離れないと決心する姿は、女性ながらも凛々しく素敵でした。

メアリー・ワインのこのシリーズは、本当に3作品とも面白かったです。

ロマンス小説 シリーズ作品まとめ
   気高き花嫁たちシリーズ

 

テーマ : ロマンス小説感想
ジャンル : 小説・文学

tag : メアリー・ワイン 扶桑社ロマンス

トラックバック

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Coo

Author:Coo
少女コミックからBLコミック・小説、ハーレクインコミック・小説まで無節操に読んでます。レビューは、ちょくちょくネタバレしていますので、ご注意ください。

最新記事
カテゴリ
検索フォーム
Link
Amazon
楽天ブックス
楽天ブックスで探す
楽天ブックス
楽天市場
フルイチオンライン
フルイチオンライン
ブックオフオンライン
ブックオフオンライン
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
月別アーカイブ
新刊.net
人気記事ランキング

ブログパーツ
にほんブログ村
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。