スポンサーサイト

--------

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

モリーの言えない秘密

2013-05-08

モリーの言えない秘密 (Kindle版)
[著]ヴィクトリア・ダール

モリーの言えない秘密 (MIRA文庫)モリーの言えない秘密 (MIRA文庫)
(2012/03/15)
ヴィクトリア ダール

商品詳細を見る(Kindle版)

モリーが10年ぶりに故郷に帰ってきたのには訳がある。亡きおばが遺した家に住むため、というのは表向きの理由で、本当は兄の親友ベンに会うためだ。寡黙ながらハンサムで頼もしいベンに、モリーは昔から憧れていた。ほのかな想いが情熱的なものへと形を変えたのは、モリーが故郷を出る直前のこと。あの日、偶然見てしまったのだ──快感に浸るベンの淫らな姿を。以来、彼に抱かれる日を密かに夢見てきたモリーは、今こそ、その夢を叶えようとするが、ベンは相変わらずモリーのことなど妹扱い。そこでモリーは、大胆な作戦に出た。



Review

あらすじでは、ヒロイン、モリーの引越し理由として、初恋の相手に再会する為と書かれていますが、実際のところは、ストーカーと化した元彼から逃げ出してきたというのが正しい情報かなぁ…と思います。

モリーの初恋の相手、ベンは、兄の親友でもあり、今は故郷の小さな町で警察署長をしている男性。彼に再会したモリーは胸をときめかせます。
そして、ベンも、親友の妹だからという理由で絶対彼女に手は出せないと、自分に言い聞かせてはいますが、美しい大人の女性になったモリーに対して、感心を持つようになります。

モリーの職業は、官能小説家なのですが、いろいろな事情があって誰にも打ち明けず、職業は秘密にしています。これが、彼女の「言えない秘密」です。

モリーはあっという間に、ベンと惹かれあうようになりますが、隠し事が嫌いなベンは、彼女の職業について思い悩みます。「ストリッパー」「娼婦」「アダルトビデオの女優」などなど、様々な職業を想像しますが、真実には辿り着けません。
ベンは、彼女の職業が何なのか、気になって仕方が無いのですが、秘密を隠し通したいモリーも、頑なに真実を明かすことを拒みます。
そんな時、彼女にストーカーの影が忍び寄って…。

後半は、モリーの秘密が最悪の形で暴露されたり、ストーカー被害で恐ろしい目に合ったりと、山場は盛りだくさんです。
話の構成としては悪くないと思いますが、中盤のストーリー展開のテンポが悪いのか、ぐいぐい読み進められるほど面白いという印象は受けませんでした。

テーマ : ハーレクイン小説感想
ジャンル : 小説・文学

tag : ヴィクトリア・ダール ハーレクインロマンス 電子書籍 Kindle

トラックバック

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Coo

Author:Coo
少女コミックからBLコミック・小説、ハーレクインコミック・小説まで無節操に読んでます。レビューは、ちょくちょくネタバレしていますので、ご注意ください。

最新記事
カテゴリ
検索フォーム
Link
Amazon
楽天ブックス
楽天ブックスで探す
楽天ブックス
楽天市場
フルイチオンライン
フルイチオンライン
ブックオフオンライン
ブックオフオンライン
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
月別アーカイブ
新刊.net
人気記事ランキング

ブログパーツ
にほんブログ村
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。