スポンサーサイト

--------

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

隠された甘い果実

2013-06-08

隠された甘い果実 (Kindle版)
[著]エマ・ダーシー

隠された甘い果実 (ハーレクイン文庫)隠された甘い果実 (ハーレクイン文庫)
(2012/12/26)
エマ ダーシー

商品詳細を見る(Kindle版)

「今夜のパーティには誰と一緒に行くつもりなんだ?」想いを寄せる社長ジェームズにからかうように問いかけられ、ルーシーは屈辱のあまり、ボスをきつくにらみつけた。有能さが取り柄の秘書に、連れてくる男などいるはずがない――ジェームズがそう考えているのは明らかだ。ルーシーは見返したい一心で、ハンサムなゲイの親友に頼みこみ、その夜、パーティ会場に彼を同伴して颯爽と乗りこんだ。そして、ジェームズが呆気にとられたのを見て溜飲をさげるが、なぜか彼はひどく不機嫌になってしまい……。



Review

テンポが良くぐいぐいと読んでいけるお話でした。ただ、ラストシーンがあっけなかったかなぁ…。
まぁ、終始ヒーロー側に落ち度が無い状況で、物語が進んだので、盛り上がりに欠けたのも仕方ないかも…。

ヒロインのルーシーは、会社社長ジェームズの有能な秘書です。
お堅いイメージの彼女に対して、ジェームズは以前から無関心のように見えましたが、ある夜のパーティをきっかけに彼女を自分のものにしたいと、はっきりと自覚するようになります。

一方のルーシーも、パーティで真っ赤なスポーツカーが当たったことをきっかけに、地味なスーツと眼鏡を取り払って、美しく装い、ジェームズのハートを射止めたいという自分の気持ちに正直に行動するようになります。
パーティのパートナーと、変身のアドバイザーを勤めた親友(男性)のジョシュが、魅力的で、好印象でした。

両想いの二人は、あっという間に結ばれて、蜜月に突入。
そして、1か月後、ルーシーは予期しなかった状況に直面し、悩み苦しむことになります。

ラストシーンでは、あまり良好とは言い難かった母親との関係や、ジェームズとの不安定だった関係が一気に動きますが、割と穏やかな展開で、やや盛り上がりに欠けたかなーというのが正直な印象です。

ただ、母親の娘に対する愛情と、ヒーローの男前っぷりに関しては、文句なしの結末だったので、読後感は良い作品でした。
性根の腐ったような登場人物が出てこなかったのも良かったですね。
安心して、楽しめる作品で良かったです。

テーマ : ハーレクイン小説感想
ジャンル : 小説・文学

tag : エマ・ダーシー 電子書籍 ハーレクインロマンス Kindle

トラックバック

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Coo

Author:Coo
少女コミックからBLコミック・小説、ハーレクインコミック・小説まで無節操に読んでます。レビューは、ちょくちょくネタバレしていますので、ご注意ください。

最新記事
カテゴリ
検索フォーム
Link
Amazon
楽天ブックス
楽天ブックスで探す
楽天ブックス
楽天市場
フルイチオンライン
フルイチオンライン
ブックオフオンライン
ブックオフオンライン
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
月別アーカイブ
新刊.net
人気記事ランキング

ブログパーツ
にほんブログ村
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。