スポンサーサイト

--------

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

七年目の誘惑

2013-06-22

七年目の誘惑 (Kindle版)
[著]チェリー・アデア

七年目の誘惑 (ハーレクイン文庫)七年目の誘惑 (ハーレクイン文庫)
(2008/12/01)
チェリー アデア

商品詳細を見る(Kindle版)

冬の夜、安食堂には場違いな客が、ジェシーに声をかけてきた。「結婚してくれ。書類上の妻がほしいだけなんだ。それも今すぐに」男は、貧しいウエイトレスにとって輝くナイトに見えた。だが正式な書類が整うと、彼は花嫁に目もくれず立ち去った。7年後――美しく変貌を遂げたジェシーはあるパーティ会場にいた。あれ以来会うこともなかった夫は、今も自信と魅力に溢れている。結婚によって、彼は会社の実権を手に入れたという。今度は私が、ただ一つの望みをかなえてもらう番だ。どうしても子供がほしい。そのために、夫を誘惑しなければ。



Review

会社のトップに就く為だけに、便宜結婚を町のウエイトレス(ネームプレートは別の従業員のものでヴェラ)に持ちかけたヒーローのジョシュアと、それに同意してしまったヒロイン(本名はジェシー)のお話。
七年もの間、妻にした女性と会ったのは、プロポーズした日の一度きりで、後は金銭面でしか繋がりを持ってこなかったヒーローは、ヒロインが自分の目の前に現われても気付かないどころか、口説き始めてしまいます。

なにが凄いって、籍を入れていながらもヒーローがヒロインの本名を知らなかったこととか、一度も一緒に公の場に出ていないのに結婚証明書だけで会社のトップの座が転がり込んできたこと。
後は、弁護士が勝手にヒロインの財産を(ヒロインの為に)運用してたことでしょうか。
冷静に考えると、ものすごーくありえない設定だけれど、それだけヒーローが、妻に関して無関心だったってことでしょうね。

さて、結婚から7年後の再会については、ジェシー側には、「子供が欲しい。」という思惑があります。
なかなかタイミングが合わず、ジョシュアと駆け引きをしているうちに、お互い惹かれあうようになってしまい、ジェシーは、彼の期間限定(1年間)の愛人になることに…。

どんどんヒロインに溺れていくヒーローが、微笑ましかったです。
ヒーローが、離婚と結婚を同時に考え、実行しようと四苦八苦している姿も、なかなか見ものでした。

ジョシュアからは、必要最小限のものしか受け取ろうとしないジェシーは、心の温かな素敵な女性で、魅力的に感じました。
ヒーローに関しては、人間不信が行き過ぎているというか、ちょっと微妙な印象は受けましたが、最後に心を入れ替えたのでヨシとします。
ここ最近読んだロマンス小説の中では、お気に入り作品の1つです。

テーマ : ロマンス小説感想
ジャンル : 小説・文学

tag : チェリー・アデア 電子書籍 ハーレクインロマンス Kindle

トラックバック

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Coo

Author:Coo
少女コミックからBLコミック・小説、ハーレクインコミック・小説まで無節操に読んでます。レビューは、ちょくちょくネタバレしていますので、ご注意ください。

最新記事
カテゴリ
検索フォーム
Link
Amazon
楽天ブックス
楽天ブックスで探す
楽天ブックス
楽天市場
フルイチオンライン
フルイチオンライン
ブックオフオンライン
ブックオフオンライン
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
月別アーカイブ
新刊.net
人気記事ランキング

ブログパーツ
にほんブログ村
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。