スポンサーサイト

--------

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

うたかたの誓いと春の花嫁

2013-04-28

うたかたの誓いと春の花嫁
[著]メアリ・バログ

うたかたの誓いと春の花嫁 (ライムブックス)うたかたの誓いと春の花嫁 (ライムブックス)
(2013/01/09)
メアリ・バログ

Amazon.co.jpで商品詳細を見る

伯爵家の血筋にありながら、両親亡き後、貧しい田舎暮らしを送っていたハクスタブル家の4人姉弟。そんな慎ましい彼らの家を、ひとりの美しい子爵が訪ねてきた。先の伯爵が亡くなり、ハクスタブル家の長男が爵位継承することになったと告げに来たのだ。突然、豪奢な伯爵邸で暮らすことになり戸惑う一家。だが、後見人をつとめる子爵エリオットには、もう一つ計画があった。それはハクスタブル家の長女との結婚。ところが、美しくも冷淡なエリオットの意図を見抜いた次女のヴァネッサは、想い人のいる姉の身代わりとして、自ら子爵に結婚を申し出た。大胆不敵な求婚とは裏腹に震えるヴァネッサを、エリオットは思わず……!?


 
Review

ハクスタブルシリーズ1作目。
シリーズ1作目ということもあるのか、今後のヒロイン、またはヒーローになりそうな人物たちの紹介も兼ねている作品になっています。
そのせいか、ヒーローとヒロインのロマンスに、集中できなかった。
ストーリー展開としても、イマイチ盛り上がりに欠けてたかなぁ…という印象。

長女、次女の家族を守る為なら…という、自己犠牲精神は、凄いなーと、単純に感心してしまった。
まぁ、末っ子の弟も、「将来は姉さんたちを自分が守るんだ。」と心に決めているようなので、結束の強い姉弟です。

ちなみに、今回のヒロインである次女(未亡人)のヴァネッサは、幼なじみであり親友でもあった男性の愛情にも献身的に応えて、彼の命が残りわずかと知りながら、結婚を選択したという過去のある女性です。

ヒロインは明るくほがらかで優しく、ユーモアのセンスもあり、人から好まれる性質ですが、容姿に関してコンプレックスを抱えていることは、明らか。別に不細工じゃないのに、姉や妹がとびぬけて美人な為に、比べられてしまうのは、なかなか気の毒な設定。自虐ネタで笑いを取りに行く姿には、ちょっと切ないものを感じました。

ヒーローは、割と傲慢系なのですが、ヒロインと接していくうちに、少しずつ人の気持ちに対して配慮するようになったり、良い影響を与えられていきます。

つらいことばかりでも、楽しいことばかりでもない、一瞬一瞬を大切に幸せに過ごしたいと願うヒロインの生きる姿勢には、学ぶものがあるなーと感じた一冊です。

他の姉弟や親戚の青年の状況などが、かなり中途半端な終わり方だったので、消化不良。
個人的には、長女の話が気になります。彼女の想い人は、どういう形で帰ってくるのでしょうか…。
 

テーマ : ロマンス小説感想
ジャンル : 小説・文学

tag : メアリ・バログ ライムブックス

トラックバック

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Coo

Author:Coo
少女コミックからBLコミック・小説、ハーレクインコミック・小説まで無節操に読んでます。レビューは、ちょくちょくネタバレしていますので、ご注意ください。

最新記事
カテゴリ
検索フォーム
Link
Amazon
楽天ブックス
楽天ブックスで探す
楽天ブックス
楽天市場
フルイチオンライン
フルイチオンライン
ブックオフオンライン
ブックオフオンライン
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
月別アーカイブ
新刊.net
人気記事ランキング

ブログパーツ
にほんブログ村
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。