スポンサーサイト

--------

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

不機嫌な秘書

2012-07-12

不機嫌な秘書 (ハーレクイン・ロマンス)

大人の恋愛小説 DSハーレクインセレクション大人の恋愛小説 DSハーレクインセレクション
(2010/02/25)
Nintendo DS

Amazon.co.jpで商品詳細を見る

わたしがハミルトン社の役員に?アシュリンは信じられなかった。父は長年かかって築き上げた会社を大企業ハミルトン社に売却し、その見返りとして、娘のために役員の席を確保したという。ビジネスのことは何もわからないのに!尻込みするアシュリンを、父親は一家のプライドを保つためだと励ました。しぶしぶ出かけた初めての役員会で、アシュリンは顔から火が出るようなへまをしてしまう。しかも、若くハンサムな会長カーター・ハミルトンは、鼻持ちならない男性優位主義者で、彼女に厳しく当たるのだった。反発を感じるアシュリンに、ある日突然カーターから電話があった。有能な秘書がけがのために数週間会社を休むことになったので、できるだけ早く出社して助けてほしいというのだ。



Review

突然、父親が所有していた会社を財政難の為に売却してしまい、更には、売却時の条件として、その土地を最も欲しがっていた大企業の役員として娘をねじ込むことに成功したと聞かされ、今まで働いたことすら無かったのに、いきなり大企業の役員という肩書きがついてしまい戸惑うアシュリン。
彼女は、最初の役員会では、話の内容にさっぱりついていけず、途中で眠りそうになり、水をこぼしてしまうという失態をおかしてしまいます。

その後は、持ち前の美貌と社交的な性格、そして語学力で、周囲の人を惹き付けるようになり、社長秘書の急な怪我をきっかけに、臨時の秘書代理という役割も与えられて、仕事にやりがいを感じはじめますが、それと同時に、やり手社長のカーターに少しずつ好意を抱くようになっていきます。そして、その気持ちもどうやら一方通行では無いようで…。

なんとなく、読んでいて楽しいストーリーではありませんでした。
見栄っ張り両親が、会社が財政難だったことは伏せて、アシュリンの状況(有能さ)について、誇張して自慢話の種にしている姿は滑稽でしたし、社長のカーターは、いろいろと公私混同しすぎだな~という印象です。

物語の終盤でカーターの告白シーンがありますが、あの時はこう思っていた~という状況説明が延々と続いて、「ごめんなさい、おなかいっぱいです…。」という気分になってしまったのも残念…。

テーマ : ハーレクイン小説感想
ジャンル : 小説・文学

tag : ジェシカ・スティール ハーレクインロマンス DS大人の恋愛小説

トラックバック

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Coo

Author:Coo
少女コミックからBLコミック・小説、ハーレクインコミック・小説まで無節操に読んでます。レビューは、ちょくちょくネタバレしていますので、ご注意ください。

最新記事
カテゴリ
検索フォーム
Link
Amazon
楽天ブックス
楽天ブックスで探す
楽天ブックス
楽天市場
フルイチオンライン
フルイチオンライン
ブックオフオンライン
ブックオフオンライン
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
月別アーカイブ
新刊.net
人気記事ランキング

ブログパーツ
にほんブログ村
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。