スポンサーサイト

--------

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ヴィーナスの誤算

2013-06-11

ヴィーナスの誤算 (Kindle版)
[著]中山紗良 [原作]ヘザー・マカリスター

ヴィーナスの誤算 (ハーレクインコミックス)ヴィーナスの誤算 (ハーレクインコミックス)
(2012/08/01)
中山 紗良、ヘザー ・マカリスター 他

商品詳細を見る(Kindle版)

ジェインは親友のシルヴィアとランチに来ていた。恋に生きる親友とは対照的に、ジェインの生活は会計士の仕事一色の毎日。しかし、そんな彼女の世界をひっくり返す男性がレストランに入ってきた。なんて美しいの・・・! まるで絵画から抜け出したかのような彼。うっとりとその彼を見つめる自分に気づき、慌てて店を飛び出した。地味な私とは無縁人よ。しかも今日は担当するセミナーの初日! しっかりしなさい私。――まさか、そんな。さっきの彼が目の前にいるなんて。



 
Review

会計士のジェインは、いたって平凡な女の子。仕事漬けの毎日を送っていました。
そんな彼女がある日、レストランで見かけた素敵な男性に、一目惚れ。もう2度と会えるチャンスも無いと思っていたのに、彼は、彼女が担当する会計セミナーへやってきます。
ヒーローのギャレットは、家族で始めたモデルエージェンシーの経営を任されているという美青年。彼の前だとガチガチになって、挙動不審になってしまうヒロインが可愛らしかったです。

その後、彼から、モデルエージェンシーの会計処理の仕事を頼まれたことによって、2人の間は仕事上ではありますが、急接近。
彼の一家の事業が危機的状況に陥り、そして彼女も職場で男性の後輩に利用され、手柄は横取り・失敗はなすりつけられるという散々な目にあったことをきっかけに、彼女は彼のモデルエージェンシーの会計担当として転職することになります。
ジェインが職場で、「これだから女は。」とか言われてしまったり、自分よりも数倍早いスピードで男性の後輩(しかもそれほど有能ではない)が出世してしまうのを目の当たりにするシーンでは、「あー。そういうことは普通にあるね!」となんだか身につまされる気持ちになりました。

その後、ギャレットにふさわしくなりたい、モデルエージェンシーのスタッフとして恥ずかしく無い美しい女性になりたいとダイエットを始めるジェインですが、ギャレットはそんな彼女から一歩引いてしまいます。
この辺りの、感情のすれ違いは、なんだか切なかったですね。

いろいろなことが解決して、物語のラストで、ギャレットがジェインの為に用意してくれたサプライズは、素敵だったなーと思います。

テーマ : ハーレクインコミック
ジャンル : アニメ・コミック

tag : ヘザー・マカリスター ハーレクインロマンス 電子書籍 Kindle

トラックバック

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Coo

Author:Coo
少女コミックからBLコミック・小説、ハーレクインコミック・小説まで無節操に読んでます。レビューは、ちょくちょくネタバレしていますので、ご注意ください。

最新記事
カテゴリ
検索フォーム
Link
Amazon
楽天ブックス
楽天ブックスで探す
楽天ブックス
楽天市場
フルイチオンライン
フルイチオンライン
ブックオフオンライン
ブックオフオンライン
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
月別アーカイブ
新刊.net
人気記事ランキング

ブログパーツ
にほんブログ村
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。