スポンサーサイト

--------

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

恋は憂鬱で出来ている

2009-02-18

恋は憂鬱で出来ている
[きたざわ尋子/挿絵:紺野けい子]

恋は憂鬱で出来ている (白泉社花丸文庫)恋は憂鬱で出来ている (白泉社花丸文庫)
(2007/12)
きたざわ 尋子

Amazon.co.jpで商品詳細を見る

新宿のダーツバーの店員である松谷幸は、ある事情から秘密を抱え、昼夜なく働くという無理をしていた。体調を崩し、出勤途中でやむなく欠勤を伝えた直後、やっかいな常連客によって幸はビルの隙間に連れ込まれてしまう。すんでのところで、やはり常連客である伊原克峻に助けられたものの、幸はその場で倒れ、伊原のマンションで目を覚ます。謎めいた伊原との関係が成り行きで始まる中、幸は本当のことを知られてしまって…。


古本検索
恋は憂鬱で出来ている // ブックオフオンライン
icon
恋は憂鬱で出来ている // @古本市場
icon

Review

働きすぎで体調を崩し、しつこい男に絡まれている幸を、バイト先の常連客・伊原が助けてくれるところから、物語が始まります。
ワケあり勤労かわいこちゃん受けと、包容力たっぷりな大人の攻めのお話です。

新宿5丁目の自社ビルに、ヤリ部屋(連れ込み部屋)を持つ伊原。ええと、この設定には軽くひいちゃいましたよ。そんな男ヤダ~!と…(笑)
まぁ、とにかくその部屋になんとなく居つくことになってしまう幸なのですが、その後は伊原が、恋人兼保護者ポジションに、どっしりと納まることになります。

受けの子が攻めの男に対して、精神的にも経済的にもどっぷり依存という展開は、もはやお約束のいつものパターンだなぁ~と思いながらも、幸の働き者で勤勉なところは、応援してあげたい気分にさせられます。
それまで一人で必死に張り詰めて生きてきたような幸が、伊原がいないと眠れなくなってしまうエピソードも、切なくて良かった~。
伊原が、幸と暮らすために、きっちり手順を踏んでけじめをつけたところも、彼の本気さが伺えて、ほんのり温かい気持ちになれました。

ちなみに、新宿5丁目ビルの住人、嶋村兄弟もイイ味出してます。医者からドロップアウトで、伊原のお手伝いさんをやっている兄と、エリート塾講師からドロップアウトで、カフェ兼バーを道楽でやっている弟。なんだか、愉快な仲間たちって感じですが、楽しそうですね。

特に大きな波乱もなく、穏やかなストーリー展開。きたざわ先生作品が好きな方は、買って損はしないと思います。

テーマ : BL小説
ジャンル : 小説・文学

tag : ボーイズラブ きたざわ尋子 紺野けい子

トラックバック

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Coo

Author:Coo
少女コミックからBLコミック・小説、ハーレクインコミック・小説まで無節操に読んでます。レビューは、ちょくちょくネタバレしていますので、ご注意ください。

最新記事
カテゴリ
検索フォーム
Link
Amazon
楽天ブックス
楽天ブックスで探す
楽天ブックス
楽天市場
フルイチオンライン
フルイチオンライン
ブックオフオンライン
ブックオフオンライン
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
月別アーカイブ
新刊.net
人気記事ランキング

ブログパーツ
にほんブログ村
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。