スポンサーサイト

--------

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

その指さえも

2008-11-20

その指さえも
[崎谷はるひ/挿絵:櫻井しゅしゅしゅ]

その指さえも (プラチナ文庫)その指さえも (プラチナ文庫)
(2003/03)
崎谷 はるひ

商品詳細を見る

本気の恋がこんなに苦しいなんて、知らなかった―。遊び人の大学生・律の想い人は、バイト先の代理店長・中垣遼太郎。ちょっとぶっきらぼうだけど、男前で優しくて、「できすぎ」とさえ思っていた遼太郎の指には、しかし数えきれないほどの傷があって…。初めての強烈な恋に臆病な律と、実は不器用な遼太郎の、切なく心に響くラブロマンス。


古本検索
その指さえも // ブックオフオンライン
icon
その指さえも // @古本市場
icon

Review

友人に頼み込まれて引き受けることになったバイト先で知り合った代理店長の遼さんに一目惚れしてしまう律。
それまで本気の恋を知らなかった律は、初めての気持ちに戸惑い、胸を焦がします。
一方、遼さんも実は律に一目惚れしていました。バイト中はそんなそぶりを見せないあたりが彼の生真面目さを物語っています。
「その指さえも」は、二人が想いを通じ合わせるまでのお話で律視点。バイト先は、居酒屋「韋駄天」で、「大人は愛を語れない」の直海くんが律の友人として登場してますよ。
同時収録の「週末には食事をしよう」は、その後の二人(&ストーカー女性)のお話で遼さん視点です。

律は、崎谷さんお得意の甘ったるくてちょっとエッチな可愛いコ。それまでふわふわと遊んでいたという前置きの割には、遼さんに対して健気というか一途というかとっても誠実。恋って人を変えるのねーと、とっても好印象。
遼さんもかっこよくて誠実で努力家な素敵な男性として描かれているので、律と一緒にときめくことができました。

こちらは、崎谷さんがデビュー記念に書いたお話を大幅改稿して出版したお話だそうです。
改稿にあたり、増量したポイントがお布団シーンに比重があるとのことですが(笑)、律は可愛いし、遼さんは意外と俺様で意地悪で、いちゃいちゃ度が高めで甘く、年上攻めが好きな私としては、非常に満足度が高い作品でした♪

関連作品 : 「大人は愛を語れない

テーマ : BL小説
ジャンル : 小説・文学

tag : ボーイズラブ 崎谷はるひ 櫻井しゅしゅしゅ

トラックバック

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Coo

Author:Coo
少女コミックからBLコミック・小説、ハーレクインコミック・小説まで無節操に読んでます。レビューは、ちょくちょくネタバレしていますので、ご注意ください。

最新記事
カテゴリ
検索フォーム
Link
Amazon
楽天ブックス
楽天ブックスで探す
楽天ブックス
楽天市場
フルイチオンライン
フルイチオンライン
ブックオフオンライン
ブックオフオンライン
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
月別アーカイブ
新刊.net
人気記事ランキング

ブログパーツ
にほんブログ村
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。